読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラクタ構築製造所

ガラクタの中から洗練されたものをここに出荷します

S16使用構築「バシャガブ崩し」

S16で使用していた構築を紹介します。

最高レートは2196まで行きましたが、2200には一度も乗ることがないまま最終2130で終えました。

f:id:Adams:20160719212016p:plain

 

バシャーモもしくはガブリアスで相手の物理受けを大きく崩し、最速メガガルーラを通すことを念頭に組んだ。

前語りとする部分はほとんどないので個別解説を見ていただきたい。

 

 

f:id:Adams:20141122171935g:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

陽気 肝っ玉→親子愛

181(4)-175(236)-121(4)-x-122(12)-167(252)

猫だまし/捨て身タックル/冷凍パンチ/地震

 

ごく一般的な最速ガルーラ。

ほとんどの対戦で選出するため、対面での火力と範囲を求めた構成とした。

 

 

f:id:Adams:20150409003018g:plain

バシャーモ@ラムのみ

意地っ張り 加速

163(60)-177(164)-98(60)-x-91(4)-128(220)

飛び膝蹴り/はたき落す/守る/剣の舞

 

A200キノガッサマッハパンチ2発で瀕死率13%

A2段階上昇のはたき落す+はたき落す(相手持ち物なし)でHB特化クレセリアが確定で落ちる

1加速でゲッコウガ抜き

 

フレアドライブを切った剣舞ラムバシャーモ

ASに振り切ったラムバシャーモキノガッサマッハパンチ2発でほとんど落ちてしまうことに疑問を感じて(ラムのみを持っているのにキノコの胞子を持っているキノガッサに対面で負ける可能性がある)配分を見直したもの。

A188メガミミロップの飛び膝蹴りを12.5%の乱数に抑え、メガゲンガーの攻撃も耐えることから陽気にして抜くまでもなくこの調整で2加速を狙える。

 

このポケモンを軸にガルーラ+クレセリアの構築のクレセリアを崩していく。当然、クレセリアサイコキネシス+ゴツゴツメットのダメージは耐える。

 

 

 

f:id:Adams:20150125175258g:plain

ガブリアス@命の珠

陽気 鮫肌

183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)

逆鱗/地震/剣の舞/炎の牙

 

発見はこちらより

Advance Pro: 【シングル】ダブルジョーカー

 

非常に崩し性能の高いガブリアス

行動保証がないために安易な選出が出来ないが、行動回数を稼げる相手ならば半壊させるレベルの働きを見せる。

 

受けループの崩しも担っており、ラッキーやバンギラスの前で剣の舞を積めれば後続の物理受けでは止まらなくなる。

また、積みを無効化する駒であるヌオーに対しても交換際に地震を当ててから逆鱗を選択することでオボンのみを発動させずに倒す確率が6割を超える程度は存在している。

なお、ヌオーへの交換を促すのはガブリアスラッキー対面を作り、剣の舞を選択することで出来る。

 

 

f:id:Adams:20141122172645g:plain

ギルガルド@気合の襷

おっとり

135-171(4)-63-222(252)-70-112(252) ※UVUVVVのめざ氷個体

シャドーボール/ラスターカノン/めざめるパワー氷/影うち

 

バシャーモガブリアスが崩しに特化しているため、行動にリスクのつきづらい襷ギルガルドを採用した。少ないリスクの割には火力と命中、一貫性が安定しており、リターンを稼ぎやすい。

ゲンガーを採用していない理由は主にスカーフガブリアスへの耐性の違いであり、逆鱗を打つことにリスクを与えたかったため。

ラスターカノンはニンフィアマンムーへの打点として試験的に採用してみたが、中々使用感が良かったため道連れと迷いながらも抜くに抜けなかった。

 

 

f:id:Adams:20150509212324g:plain

ゲッコウガゴツゴツメット

無邪気 変幻自在

161(108)-120(36)-119(252)-125(12)-81-170(100)

熱湯/冷凍ビーム/けたぐり/影うち

 

メガバシャーモの等倍飛び膝蹴りが31.3%の乱数

A194メガガルーラの秘密の力+不意打ち耐え

 

シーズン15からそれなりに見るようになったけたぐりを採用したゴツメゲッコウガ

ガルーラ入りに対して初手に投げやすい駒として採用している。

バシャーモの前で熱湯と影うちで択を作りたくなかったので耐久ラインを少し上げている。

 

 

f:id:Adams:20141225112920g:plain

ボルトロス@オボンのみ

図太い

184(236)-x-132(236)-146(4)-100-135(32) 実際は非理想値

10万ボルト/ボルトチェンジ/電磁波/めざめるパワー氷

 

ボルトチェンジを採用した図太いボルト。

ボルトロスに対して電気タイプやニンフィアなどを後投げしてくる相手にサイクル勝ちするためにボルトチェンジを採用している。

 

 

 

個人的には完成度があまり高くなく、穴の多い構築が出来てしまったと感じている。

また、バシャーモガブリアスの崩しが再戦時に見切られてしまい、択を多く生んでしまったこともレートが伸び悩んだ原因だと考えている。

 

6世代のレートも残り少ないので悔いのない戦いをしていきたいですね。